矯正治療

矯正治療で美しい口元へ

矯正治療で美しい口元へ

「歯並びが気になる」「食べ物が咬みにくい」「口元にコンプレックスがある」……。このようなお悩みは、ぜひ当院にご相談ください。歯並びや咬み合わせの乱れは、見た目やお口の機能だけでなく、全身にも悪影響を及ぼす可能性があります。鹿児島市の「きたぞの歯科矯正」は、矯正専門医がいる歯医者。患者さま一人ひとりに合った治療法をご提案いたします。

矯正治療が選ばれる理由

矯正治療には、以下のような目的があります。

矯正治療の目的:1 美しい口元を手に入れる
矯正治療によって歯並び・咬み合わせが整うと、口元の見た目が美しくなります。
矯正治療の目的:2 むし歯・歯周病リスクの軽減
歯並びが乱れていると、ブラッシングが不十分になりがちです。また自浄作用も低下するためむし歯・歯周病リスクが高まります。矯正治療によって歯並びを整えると、歯みがきしやすくなり、自浄作用もあがるため、むし歯・歯周病リスクの軽減につながります。
矯正治療の目的:3 鼻呼吸しやすくなる
歯並びの乱れにより、息が漏れたり舌をうまく動かせなかったりすることがあります。歯並びを整えることで鼻呼吸しやすくなると、不明瞭だった発音が明瞭になります。
矯正治療の目的:4 消化を助ける
歯並び・咬み合わせが改善されることで、食べ物をきちんと咬み砕けるようになります。丸飲みすることが減り、消化不良の改善につながります。
矯正治療の目的:5 コンプレックスの解消
歯並び・咬み合わせの乱れが気になって、笑顔や会話に自信が持てないなどのコンプレックスの解消につながります。

悪い咬み合わせ・歯並びの影響

乱れた歯並び・咬み合わせは、お口や体に以下のような影響を与えます。

発音が不明瞭になる

咬み合わせの乱れが、舌をうまく動かせない・息が抜けるなどの原因となり、発音が不明瞭になることがあります。それが、会話に対するコンプレックスにつながる可能性もあります。

口腔内外を傷つけてやすい

不正咬合がある場合、転倒時の前歯破折などの外傷リスクが高まります。また、歯茎やお口の中の粘膜を傷つけてしまうことも。鼻呼吸が困難な場合は、口呼吸によって呼吸器系疾患のリスクが高まります。

むし歯・歯周病リスクが高まる

歯並びが乱れていると、ブラッシングが不十分になりがちです。また自浄作用も低下するためむし歯・歯周病リスクが高まります。また、口呼吸が口臭につながる場合があります。

消化器系に負担がかかる

咬み合わせ・歯並びに問題を抱えていると、うまく咬めない・丸飲みしてしまうなどの原因となり、胃腸などの消化器系に負担がかかりやすくなります。

顎への負担・顎の歪み

無意識に顎を前後左右にズラして咬むクセがつき、顎が歪み顎関節症(※)を招きやすくなります。放置していると、顎のバランスが崩れて全身にも歪みが生じ、肩こりや頭痛を引き起こす原因にもなります。
※口が開けづらくなったり、口の開閉時に顎がカクカクと鳴ったりする症状の総称です

歯の寿命を縮める

一部の歯に負担がかかってしまうことで、歯の寿命を縮めてしまう可能性があります。

コンプレックスにつながる

口元は見た目の印象を大きく左右します。そのため、歯並び・咬み合わせの乱れが、見た目のコンプレックスにつながるケースも少なくありません。

治療の流れ

【1】初診

まずは、患者さまの治したいところ・気になっているところを確認し、その上で、症状(状態)に応じた治療の流れをご説明します。当院での類似症例を参考にしながら丁寧にご説明しますので、ご安心ください。

説明をお聞きいただいた上で、実際にご自身についての詳しい分析をお聞きになりたい方は、次の精密検査へ進みます。

※検査は、初診から4ヵ月以内にお願いします(初診料が4ヵ月間有効のため)。4ヵ月を過ぎた場合は、あらためて初診料をいただくことがあります。

【2】検査

精密検査をし、矯正治療に必要なデータを収集します。検査時間の目安は約1~2時間半です。

  • レントゲン(パノラマ、セファロ、必要に応じてCT撮影ほか)撮影
  • 歯型採取
  • お口の中やお顔の写真撮影
  • 頭と歯並びの位置関係を調べる検査
  • 軟組織分析のための検査

その後、検査結果に基づいて十分な分析を行います。
※分析結果を出すまでに約3~4週間かかるため、その程度の期間をあけて診断のご予約をお願いいたします。なお、診断は検査から4ヵ月以内にお願いします(検査料が4ヵ月間有効のため)。

【3】診断

分析結果をわかりやすく、丁寧にご説明します。分析結果にもとづいた治療法、治療計画、治療期間、治療費も併せてご説明しますので、矯正治療の開始をご検討ください。

※診断後、かならず矯正治療を開始しなくてはならないということはございません。治療計画、治療費などがご希望に合わない場合は、ご遠慮なくお断りください。なお、治療開始は検査から4ヵ月以内にお願いします(診断料が4ヵ月間有効のため)。

【4】動的治療

治療法、治療計画に沿って治療を進めます。なお、見えない矯正装置の使用も可能ですので、ご相談ください。

第I期治療 約1年 乳歯列期/乳歯、永久歯混合歯列期‹小学校低学年~高学年›
第II期治療 2~2.5年 永久歯列期(第二大臼歯が生えてくる頃)‹小学校高学年~中学生›
※第Ⅰ期治療終了後に第Ⅱ期治療を開始する場合と、第Ⅱ期治療から開始する場合があります。
AD成人矯正 2~2.5年 永久歯列期‹高校生~成人›
【5】保定
動的治療が終了したら、治療結果を確認した上で装置をすべて外します。外した日に、取り外しのできる簡単な保定装置をつけます(後戻りを防ぐため)。保定期間は状態によりますが、1~2年程度が目安です。 また、動的矯正治療後は再度検査と分析診断を行って治療結果についての詳しくご説明いたしますので、どうぞご安心ください。

症例紹介~でこぼこ並び(乱杭歯)

  • Before
  • After
  • 症例紹介~でこぼこ並び(乱杭歯)Before
  • 症例紹介~でこぼこ並び(乱杭歯)After
  • 症例紹介~でこぼこ並び(乱杭歯)Before
  • 症例紹介~でこぼこ並び(乱杭歯)After
  • 症例紹介~でこぼこ並び(乱杭歯)Before
  • 症例紹介~でこぼこ並び(乱杭歯)After
  • 症例紹介~でこぼこ並び(乱杭歯)Before
  • 症例紹介~でこぼこ並び(乱杭歯)After
詳細
年代 20代
性別 女性
住所 鹿児島市内在住
主訴/ニーズ 歯のがたがたのところが気になる
治療期間 1年3ヶ月
治療内容 左右上顎第一小臼歯、左右下顎第二小臼歯を抜歯し、左右上顎犬歯を左右上顎第一小臼歯部へ移動させ、その後左右上顎4前歯までを内側に移動させ、スペースを閉じたあと、上下ゴムを使用し、咬み合わせを緊密にして仕上げる。
費用 約82万
(内基本料57万)

症例紹介~出っ歯

  • Before
  • After
  • 症例紹介~出っ歯 Before
  • 症例紹介~出っ歯 After
  • 症例紹介~出っ歯 Before
  • 症例紹介~出っ歯 After
  • 症例紹介~出っ歯 Before
  • 症例紹介~出っ歯 After
  • 症例紹介~出っ歯 Before
  • 症例紹介~出っ歯 After
詳細
年代 10代
性別 男性
住所 県外在住(中高校の都合で鹿児島在住)
主訴/ニーズ 歯並びが気になる
上顎前歯が出ている
治療期間 2年2ヶ月
治療内容 上顎を側方拡大し、その後左右上顎第一臼歯を抜歯し、左右犬歯、側切歯、中切歯までを内側移動させ、スペースを閉じた後、上下ゴムを使用し、咬み合わせを緊密にして仕上げる。
費用 約87万
(内基本料57万)

症例紹介~受け口

  • Before
  • After
  • 症例紹介~受け口 Before
  • 症例紹介~受け口 After
  • 症例紹介~受け口 Before
  • 症例紹介~受け口 After
  • 症例紹介~受け口 Before
  • 症例紹介~受け口 After
  • 症例紹介~受け口 Before
  • 症例紹介~受け口 After
詳細
年代 30代
性別 男性
住所 県外在住
主訴/ニーズ 前歯部の反対咬合、下顎の左側偏位
会話不自由
歯科医院の先生にすすめられたため
治療期間 1年5ヶ月
治療内容 下顎前歯3本抜歯され下顎前歯部にブリッジが装着されていた症例。欠損スペースを利用し、矯正治療で前歯部反対咬合を改善。3歯分の欠損部位を1歯分にし、その分スパンの短いブリッジを入れて適切な咬合関係に仕上げた。補綴治療は紹介元の歯科医院で行ってもらった。
費用 約85万
(内基本料57万)

症例紹介~隙間がある

  • Before
  • After
  • 症例紹介~隙間がある Before
  • 症例紹介~隙間がある After
  • 症例紹介~隙間がある Before
  • 症例紹介~隙間がある After
  • 症例紹介~隙間がある Before
  • 症例紹介~隙間がある After
  • 症例紹介~隙間がある Before
  • 症例紹介~隙間がある After
詳細
年代 30代
性別 女性
住所 鹿児島市在住
主訴/ニーズ 上顎前歯部のスペースが気になる
食事不自由
治療期間 2年1ヶ月
治療内容 スペースの空いている上顎前歯部を矯正治療で閉鎖し、その後上顎左右中切歯にラミネートベニアによる審美修復を行った。
費用 約80万
(内基本料57万)

症例紹介~前歯が咬んでいない

  • Before
  • After
  • 症例紹介~前歯が咬んでいない Before
  • 症例紹介~前歯が咬んでいない After
  • Before
  • After
  • 症例紹介~前歯が咬んでいない Before
  • 症例紹介~前歯が咬んでいない After
  • Before
  • After
  • 症例紹介~前歯が咬んでいない Before
  • 症例紹介~前歯が咬んでいない After
詳細
年代 10代
性別 女性
住所 県外在住(福岡)
主訴/ニーズ 歯並び気になる
食事・会話不自由
治療期間 2年3ヶ月
治療内容 前歯部がまったく咬合しておらず、今後臼歯部に過剰な負担が加わり、顎関節症や臼歯部の欠損がおこりやすくなると予想される症例。上顎左右の第一小臼歯と第二大臼歯、また下顎左右の第二大臼歯を抜歯しTADS(インプラント矯正)を用いて、大臼歯を圧下させ上顎左右第二大臼歯、下顎左右第二大臼歯部には上顎左右の親知らず、下顎左右の親知らずを使用し、適切な前歯部の咬合をあたえた。
費用 約95万
(内基本料57万)

症例紹介~咬み合わせが深い

  • Before
  • After
  • 症例紹介~咬み合わせが深い Before
  • 症例紹介~咬み合わせが深い After
  • 症例紹介~咬み合わせが深い Before
  • 症例紹介~咬み合わせが深い After
詳細
年代 20代
性別 女性
住所 鹿児島市外在住(指宿)
主訴/ニーズ 歯科医院の先生よりすすめられた
歯並びや口元に関して他の人から言われたため
治療期間 1年6ヶ月
治療内容 咬み合わせが深い症例。上顎の歯列幅が狭かったため、側方拡大装置(QH)にて側方拡大し、同時に全ての歯を配列する。 非抜歯で拡大したが、口元は悪くなっていないため、そのまま仕上げた。
費用 約88万
(内基本料57万)

症例紹介~外科矯正

受け口で特に下顎に過成長が認められ外科手術が適応となる場合

  • Before
  • After
  • 症例紹介~外科矯正 Before
  • 症例紹介~外科矯正 After
  • 症例紹介~外科矯正 Before
  • 症例紹介~外科矯正 After
詳細
年代 10代
性別 女性
住所 鹿児島県内在住
主訴/ニーズ 歯並び気になる
食事不自由
治療期間 2年3ヶ月
治療内容 患者さんは審義性の改善を希望されたが、下顎骨が前方にあるため、矯正のみでは側貌は改善できないと判断し、上顎左右第二小臼歯、下顎左右8番を抜歯し、術前矯正として上顎前歯を適切な位置に配列した。次に骨切り手術による下顎骨後退術、およびオトガイ形成術を行なったのち、術後矯正を行い、矯正治療を終了した。
費用 約30万(保険診療)
(手術代は手術を行った病院で別途必要)